スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--日 スポンサー広告 こめんと- とらっくばっく-

TH

THという雑誌のNO.45に、去年の個展「お楽しみ会の準備」についての評が
掲載されております。

とても刺激的な雑誌!

http://atelierthird.jugem.jp/?cid=48




スポンサーサイト
2011年30日 こめんと0 とらっくばっく0

雑誌

広告4月号が出てました。

広告 2010年 04月号 [雑誌]広告 2010年 04月号 [雑誌]
(2010/03/15)
不明

商品詳細を見る


今回は、「人はなぜ、再びものをつくりはじめたか?」

です。

あいかわらず、いいテーマ、です。

今から読みます。



色々な雑誌が、不景気で休刊になって行きますね。

これは無くなって欲しくないと思う雑誌は、立ち読みですんでも買うことにします。

webマガジンに上手く乗り換えているところもあるようですが。

Ipadが発売されて、電子書籍化が進むと、いったいどうなるんだろう。

私は、本屋とか図書館とかがすごく好きなので、複雑です。

手に取ってパラパラと見る感じとか、

ぶらぶらといろんな物をつまみ読みできたりとか、

トイレに行きたくなるにおいとか、

静かなざわざわした音とか、

そういうのもぜんぶ含めて。
2010年16日 こめんと0 とらっくばっく0

最近制作よりも本読んでる気がする。

本を読む。

日本という国 (よりみちパン!セ)日本という国 (よりみちパン!セ)
(2006/04)
小熊 英二

商品詳細を見る


「美しい」ってなんだろう?―美術のすすめ (よりみちパン!セ 26)「美しい」ってなんだろう?―美術のすすめ (よりみちパン!セ 26)
(2007/03/23)
森村 泰昌

商品詳細を見る



寄り道パンセシリーズは面白い。子供が読めるように書いてあるけれど大事なことが書いてある。

みずうみみずうみ
(2007/03/16)
いしい しんじ

商品詳細を見る


前に図書館で借りて読み切れなかったのでまた借りる。
村上春樹の「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」を少し思い出す感じ。

その絵、いくら? 現代アートの相場がわかる (THEORY BOOKS)その絵、いくら? 現代アートの相場がわかる (THEORY BOOKS)
(2008/08/06)
小山 登美夫

商品詳細を見る


資本主義と美術、美術のマーケット、インフラを作る。
最近気になるお金と世界の話。美術だって例外ではなく。
というかその渦中にあるんだ。



昨日はKodama Gallery Kyoto の、レセプションに行った。
京都駅から少し離れていて不便だなと思うけれども、
改装された新しいスペースは、なんともなんとも立派になっていた。
1階2階とも、若手作家の個展。なんだか新しい風が吹いていて、
かっこいい展示だった。
特に1階の展示風景にはぐっと来た。

友人と家を買う話をする。自分の住む家を想像して少しときめく。
2009年31日 こめんと0 とらっくばっく0

広告

博報堂の出している

広告

という雑誌がリニューアルしていました。

リニューアル号のテーマは、

「新しい幸せのものさし」

ホームヘージから目次をご覧頂くだけでもその内容の濃さに触れられるんじゃないでしょうか。

アートやデザインを扱うだけでなく、生産や労働、価値観の転換期ではないかということ、

色々なことを切り離さずに語る姿勢が受け取れました。

こういう雑誌が増えたらいいな。

最近本とか読んで、うーん、、、って考えてたこと、

リアルタイムでいろんな人が考えて行動してる。

読みやすいし、いろんな角度からいろんな人がこのテーマに関わっていて面白い。

オススメ!

広告 2009年 04月号 [雑誌]広告 2009年 04月号 [雑誌]
(2009/03/16)
不明

商品詳細を見る
2009年06日 こめんと0 とらっくばっく0

野ばらちゃん

仕事が一段落したのでここぞとばかりに本を読む。


嶽本 野ばら

の何がそんなに良いかと言うと、

コテコテのお涙ものの少女小説をやりながら、

その本来ならばかなり閉じている形式の物語(少女小説)のディティール(細部)を、

過剰に調べ上げられた現実のメゾンや、ロリータというディシプリンを通して語るところだ。


使い古された形式に、何かを付け足すことでそれは新しい(斬新な)ものになる

というのは美術に置いてもよくあることですが、

どういったジャンルにだって

そういった新しいものの作り方というのは効果があるのです。

何か一つの工夫で、ジャンルを揺るがす唯一無二の存在になるのだということを

思わされます。


まあ、少女小説やロリータ、ゴスロリ、コムデギャルソンに興味が無ければ

読みにくくもあるのかしら。

でも、趣味的な要素だけで飛ばしてしまう事なかれ。

ロリヰタ。 (新潮文庫)ロリヰタ。 (新潮文庫)
(2007/03/01)
嶽本 野ばら

商品詳細を見る


ミシンミシン
(2000/10)
嶽本 野ばら

商品詳細を見る
2009年24日 こめんと0 とらっくばっく0
  

プロフィール

sawa

Author:sawa
日記、見てきた展覧会、
マネーと世界、オススメ本などなど、
日々の思いをつらつらと
書いていきます

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

FC2カウンター

海外女性アーティスト

最新トラックバック

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。