スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--日 スポンサー広告 こめんと- とらっくばっく-

展覧会の企画って、芯が無いとぼやけるよね。

インフルエンザで大学が休みになった。

週1の大学の授業はなかなか楽しいので残念無念。

インフルエンザのおかげで予定が色々かき乱される。

中学校の修学旅行が中止にならなければいいな


先日は「ラグジュアリー:ファッションの欲望」

に行ってきました。

京都服飾文化研究財団(KCI)のコレクションはほんとにすごいなー
と見とれるものばかりでしたが、「ラグジュアリー:ファッションの欲望 」
というテーマはあまり強く押し出せていなかったなというのが本音。
何か博物館的な、コレクションを見せる為の企画 という雰囲気が強く感じられました。
やり方をもっと変えれば魅力的なテーマになりそうなのに残念。

ファッションの企画展だと、
前回、前々回の「身体の夢」、「COLORS ファッションと色彩」
は、もっとしっかりしたコンセプトで構成されていたような印象があります。

2007年に国立新美術館でやっていた、「スキン+ボーンズ-1980年代以降の建築とファッション」
も、建築とファッションを、それらの持つ構造をテーマにした展覧会で、
内容も構成も素晴らしかったです。

そういった他の企画と比べると、やや固い印象。

しかしこの展覧会のチラシになっている服、実物の存在感がすごかった。
ディティールや手書きの模様に釘付け。

あと、ヴィクター&ロルフ(Viktor & Rolf)

の、リボンのドレスを生で見れて感動しました。
この二人組、本当に、ほんとうに、かっこいい!

最後の方のセクションでコムデギャルソンコーナーもありました。
畠山直哉さんの写真も同時に展示されていて、ギャルソンの服を平面に置いて撮影したものでした。
そこだけ真っ白な空間で、別枠感あり。
かっこ良かったけれど、服のチョイスに少し疑問。

やっぱりコレクションを見せる為の企画かなと。

企画の為に集めて来たのではなく。

実際のとこどうなのかはわかりませんが。

ムーン。

この展覧会は今日までです。気になった方は急いで!!!



昨日はマスクを装着して、After・School 放課後の展覧会
のレセプションへ行ってきました

碓井ゆいさん 必見です。場所も手伝ってか、今まで彼女の作品を見た中で一番はじけてました。

花岡くんも 面白かったです。
彼独自の作品の作り方のルールが、ますます磨かれているなと。

あと、ムラギしマナヴさんの作品を初めて見ました。
長年絵を描かれている力強さと、
同世代では見ることの出来ない感覚にジンとさせられました。

盛りだくさんで見応えのある展覧会でした。

こちらは今月31日まで。イベントも色々あるそうです。



インフルエンザ、早く治まりますように。
2009年24日 展覧会 こめんと0 とらっくばっく0
  

こめんと

こめんとの投稿

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

とらっくばっく

trackbackURL:http://zawasawa.blog105.fc2.com/tb.php/101-15d702aa

プロフィール

sawa

Author:sawa
日記、見てきた展覧会、
マネーと世界、オススメ本などなど、
日々の思いをつらつらと
書いていきます

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

FC2カウンター

海外女性アーティスト

最新トラックバック

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。